はじめに
 発熱のときは?
       重い病気は見逃さないぞ!
       ウィルス感染と細菌感染  
       カゼと抗生剤
        抗生剤適正使用のガイドライン  
      l 解熱剤どう使う?
 水いぼ、取る?取らない?
  アトピー性皮膚炎
      l アトピー性皮膚炎ってなに?  
      l アトピー性皮膚炎に対する治療は長期戦!
      l アトピー性皮膚炎といっても十人十色
      l セカンドオピニオンとドクターショッピング
      l 小児科か皮膚科か? 
      l アトピービジネスにご注意!
      l 治療の三本柱
          原因・悪化因子の検索とその対策
          スキンケア
          薬物療法
  せき(咳)  
 ぎょう虫とプール
 インフルエンザの診断と治療(2001〜2002年シーズンにおける)



            [はじめに]

   ここでは私が子供達を診療する上での基本的な姿勢について
   話したいと思います。

   当院のような小さな小児科診療所に来られる患者さんの多くは
   「カゼ」や「ゲリ」といった急性の病気で、数日間もすれば自然に
   治っちゃう。

   また「アトピー性皮膚炎」や「気管支喘息」などの慢性の病気の
   方も来られるけど、こうした場合でも病気が治って行く大きな
   要素として自然の経過(natural history)があるんじゃないかと
   思ってます。

   もちろんお薬や点滴が不可欠な病気や状態はあるし、対症療法が
   必要なこともあるし、慢性疾患では日ごろのケアやコントロールが
   大切な事もあるよね。

   でも私がいちばん大事に思っているのは「子供達が自分自身で
   治って行く力」なんです。

   そこで私の基本的な診療の姿勢は、「子供達が自分自身で治って
   行く」のを小児科医としてどのようにしてお手伝いするか?
   さらに言うなら、「治って行く」のを邪魔しないようにしようということ
   なんです。

   こんなことを言っていると「小児科なんて必要無いのでは?」「無責
   任!」「薬不要の宗教的!」なんて言われそうだけど、残念ながら
   私も薬はバンバン出すし、小児科は絶対必要だと思っているしプロ
   としての責任も自覚もあるつもり。

   ただ病気の子供達にとって「余計な事」だけはしたくない
   思ってます。

                          
         



         [発熱のときは?]

         [重い病気は見逃さないぞ!]

熱を主な症状とする子供の病気は沢山あるけれど当院のような小さな小児科
診療所では細菌性髄膜炎や白血病、膠原病といった重い病気は滅多に
お目にかかることはありません。

滅多にお目にかからないんですが、実は、私達小児科医の大事な仕事は
こういった重い病気をいかにして見逃さないようにするかということなんです。

圧倒的に多い「カゼ」の熱の患者さんの中から重い病気の熱を見逃さない
為には...十分な問診と診察、そして外来でなし得る検査から「なんか
カゼの熱とはちょっと違うぞ。」と反応することです。この感覚は日ごろから
沢山の子供(正常児も含めて)を診ている小児科医のほうが他の科の先生方
より鋭敏かなと思っていますがどうかな。

ここから先は疑った病気によっても、患者さんの状態によっても、さらには
各小児科のお医者さんによってもいろいろでしょうが、私の場合は「これは
やはりおかしい。」と思ったら病気が何かわからなくても大きな病院へ紹介
することが多いです。

ここでもなるべく「余計な検査」はしないで紹介しようというスタンスをとる
ようにしています。


                         



            [ウィルス感染と細菌感染]


当院を訪れる熱の患者さんの多くはいわゆる「カゼ」の熱であることに間違いは
ないでしょう。

だけど「カゼ」と一口に言っても、鼻・のどから肺にかけて「ウィルス」が暴れている
ものと「細菌」が暴れているものがあるんです。

皆さんからすると熱、せき、ハナ、のど痛といった症状は同じなのでどっちでもよさ
そうですが治療する側からすると全然違うんだなこれが。

何が違うかというと、かたや抗生剤は全く効かないし、かたや効く。つまり、出す
お薬が全く違っちゃうのです。
だから、私達小児科医はこのカゼがウィルス感染だけによるものか、あるいは
こじれて細菌がからんで来ているのかを区別する必要があるんです。

はたからみると同じ熱なので「ウィルス感染」か「細菌感染」かを区別するのは
なかなか難しいんですが、私は周囲の流行状況や全身状態およびのど・肺の
所見に加えて、場合によっては外来で手軽に出来る白血球数やCRPといった
検査の値を参考にして区別するようにしています。

こうした検査はカゼ以外の細菌感染症、例えば「中耳炎」「肺炎」「尿路感染症」
などが疑われる時も大いに参考になります。

だから、耳たぶやかかとからちょこっと血をとって検査するのはがまんしてね。


                           



                [カゼと抗生剤]


では「カゼ」の症状の一つとして熱で来院された患者さんに対して抗生剤を出すか、
出さないか?

私は前述の「ウィルス感染」と「細菌感染」での区別法で細菌感染が強く疑われない
限りは「カゼ」に抗生剤は出しません。
本当は「細菌(病原菌のことですが)が証明されない限り」という方が良いのかもしれ
ませんがなかなか難しい問題もあり、基本的には上述のような姿勢です。

一方で悩ましい問題があるんです。
それはウィルス性のカゼにしばしば「急性中耳炎」が合併するという問題です。

でも、この中耳炎の多くはカゼが治ると何もしなくても治ってしまうんです。
つまり、中耳炎は熱や咳や鼻水と同じカゼの症状の一つと考えたほうがよさそうです。
何故なら中耳という場所は耳の外とつながっているのではなく、鼻の奥とつながっているんです。

そこで、中耳炎があっても多くの場合、抗生剤を使わないということになります。

もう一つ、抗生剤といってもいろんな種類があって、ここでいう抗生剤というのは
病原菌以外のおとなしい細菌まで殺してしまう強力な奴のことです。

こうした抗生剤をカゼ(インフルエンザ含む)の熱に初めから使うことになってしまうと
「おとなしい細菌からのしっぺがえし」がきついような気がするんですが...



                            


       [小児上気道炎における抗菌薬適正使用のガイドライン]

私が毎年参加している学会に日本外来小児科学会という学会がありますが、
その学会のワークショップで「子どものカゼのほとんどはウイルス性であるのに
ウイルスには効かない抗生物質が使われすぎである。これではますます耐性菌が
増えるばかりである。子どものカゼに対して抗生物質を適正に使用するための
ガイドラインが必要である。」という趣旨から下記URLのようなガイドラインが作られました。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/ped-GL/GL1.htm

このガイドラインは医師向けなので一般の人にとってはかなり難しく書かれています。
しかし、当院の姿勢はこのガイドラインに近いものがありますので、あえてリンクをはります。

                        


               [解熱剤どう使う?]

子供の熱に対する解熱剤の使い方は以前とはだいぶ違ってきましたし、現在でも
いろんな意見があるところです。

大きく分けて3つの意見があります。

 1)発熱はヒトの身体にとって防御反応であるから熱は下げない方がよい。
   つまり解熱剤は全く使わない。

 2)熱自体は下げる意味がないけど、夜ぐずって眠れないとか頭を痛がるとかの場合
   しばらくの間だけでも楽になってもらう意味で解熱剤を頓服する。


 3)高熱は体力を消耗させるし熱性けいれんの予防のためにも最初から解熱剤を
   使用する。

私は、2)の姿勢をとってます。

ただし、その目的は”解熱”剤としてではなく、”機嫌回復および鎮痛”剤という
意味でです。
逆に眠っていたり痛がらずにそこそこ機嫌も良かったら熱が高くても解熱剤は
使わないように指導しています。

また解熱剤にも沢山の種類がありますが、私はほとんどの場合イブプロフェンという
薬とアセトアミノフェンという薬のどちらかを出しています。

この解熱剤の使用法の問題はまだよくわからんです。
2)の使用法ではひょっとすると子供にとって「余計なこと」をしているのかもしれません。
小児科医にとって古くて新しい問題です。
今後私の姿勢も変わって行くかも...


                            

           [水いぼ、取る?取らない?]

水いぼを取るか、取らないか。
この問題も現在お医者さんの間でも意見が分かれているところです。

ここでは私の水いぼに対する姿勢を述べます。
私は原則として水いぼは取りません。

  何故取らないか?
    1)水いぼはウィルス性の病気であって、一定期間(普通は数ヶ月間という長い
      期間)を経て自然に(自分自身の力で)治ってゆく病気だよね。
      物理的に取れば治るというものではないと思うのですが。

    2)取ってもまた別の場所に出てくることが多い。

    3)取るとき痛い!
        最近「ペンレステープ」という麻酔薬を塗ってあるテープを貼ることによって
        痛みがやわらぐということも試みられていますが、それでも全く痛くないわけでは
        ないでしょう。麻酔薬に対するアレルギーもわずかでしょうが起こり得ます。

    4)取らなくてもプールに入っていいんです!
        水いぼがプールでうつるとよく言われますが、これまでにその事が科学的に
        証明されたことはありません。
        日本小児科学会の見解としてはプールでのタオルやビート板の共用は止めたほう
        が良いがプールそのものには入ってもかまわないということです。

結局、水いぼを取るのは子供達にとって余計な治療のような気がしてなりません。

ただし、アトピー性皮膚炎の子供さんで水いぼを併発していてかなり掻き壊している場合が
ありますが、こうしたときは皮膚科で取ってもらっています。


      

                               

     [アトピー性皮膚炎]

アトピー性皮膚炎に対する治療の姿勢についてお話します。

その前に、アトピー性皮膚炎について次の事を確認しておきましょう。

 
 ☆アトピー性皮膚炎ってなに?

   十数年前から「アトピー性皮膚炎」あるいは単に「アトピー」と
   頻繁に世間の話題に登るようになってきました。
   特に最近では、その名前だけが一人歩きしている感さえあります。

   アトピー性皮膚炎という名前は知っていても、では「アトピー性皮膚炎って
   何?」と訊かれて正確に答えられる人は少ないと思います。

   [アトピー性皮膚炎の概念] (厚生省)
      
       
アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因というものを持っている人に
       主にみられ、良くなったり悪くなったりしながら長ーい期間続く
       皮膚の湿疹の病気です。


       このため、乳児ではまだ長ーい期間が経っていないこともあり、
       「アトピー性皮膚炎」の診断には年令も考えに入れること。

       *アトピー素因とは、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性
         鼻炎・結膜炎の病歴または家族歴を持つものをいう。

       **この長ーい期間というのは日本皮膚科学会によれば、
乳児では
          2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上をいう。


   生後1〜2ヶ月の赤ちゃんに湿疹ができ始めると、ほとんどのお母さんが
   「この湿疹はアトピー性皮膚炎でしょうか?」と訊かれます。

   まだ長ーい期間経っているわけではないので、上の概念からするとこうした
   湿疹は「アトピー性皮膚炎」とはいえないということです。


ここは小児科のページですから、ここでは小児のアトピー性皮膚炎に限ってお話します。
大人のアトピー性皮膚炎は病気の性質や治療などが小児の場合と若干異なることが
ありますので。


では、アトピー性皮膚炎に対する治療の姿勢のポイントです。

                              


[アトピー性皮膚炎に対する治療は長期戦!]

   アトピー性皮膚炎というものは先の「概念」でお話したように乳児で2ヶ月、
   幼児で6ヶ月以上経過したものをいい、診断が下された時点ですでに発症から
   長い期間が経っています。

   しかも、多くの場合アトピー素因という、おそらく生まれる前からそなわった体質
   とも言うべき因子が背景にあります。

   従って、アトピー性皮膚炎に対する治療もまず間違いなく長期戦になるだろうと
   思います。数ヶ月〜数年というスパンです。

   私はアトピー性皮膚炎の子を前にして「こうすればすぐに治りますよ。」
   と言うことは残念ながらできません。
   お母さん方にとってみれば出来るだけ早く良くなって欲しいのはやまやまですが
   あまりに短期的な結果を欲しがらないでね。
  
   繰り返しますがアトピー性皮膚炎は「慢性」の病気なのです。

                            


[アトピー性皮膚炎といっても十人十色]

   同じ小児のアトピー性皮膚炎といっても、原因、悪化因子、重症度、湿疹の性質、
   果ては家族の病気に対する考え方や感じ方まで十人の患児がいれば十通りの
   アトピー性皮膚炎があります。

   従って、その治療も個々に応じたやり方があるはずです。

   昨年来厚生省や皮膚科学会からアトピー性皮膚炎の治療ガイドラインといった
   ものが出されています。
   勿論、原則的・基本的にはそうしたガイドラインに沿って治療するんですが、
   (ガイドラインにも書いてありますが)細かい部分で個々で違いが生まれてきます。

   そのためには、
勿論実際にこの眼で皮膚の状態を診させていただき、ある程度
   時間をかけてお話を伺い、必要なら検査をし、またしばらく経過を見させてもらわ
   ないと治療の方針が決定されないと思うのです。


   しばしば患者さんを一度も見もしないで「アトピー性皮膚炎ならこれこれを試して
   みて。」という人がいます。 また、「アトピー性皮膚炎に絶対効く○○○」といった
   広告も目にします。 しかし、アトピー性皮膚炎を十把ひとからげにしたような
   こうした情報を私は信じません。

                          


[セカンドオピニオンとドクターショッピング]

   アトピー性皮膚炎は前述したように良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性の
   病気です。 治療を開始してからも同様ですぐには良くなりません。

   そうすると周りからいろんな情報が入ってきます。 中でも多いと思われるのが
   「お医者さんを変えてみたら。」とか「アトピー性皮膚炎で有名なのは○○病院の
   ○○先生よ。」とかいう情報ではないでしょうか。

   病気について別の医師の意見を訊くことを「セカンドオピニオン」といいます。
   これは肯定的にとらえられているようです。
  
 ところが、病気があまり良くならないので短期間の間にお医者さんを次々に変え
   ることを業界用語で「ドクターショッピング」といいます。

   こちらの方はあまり良いことではないとされています。
   アトピー性皮膚炎はこの「ドクターショッピング」がもっとも多い病気といわれて
   います。

   では、ドクターショッピングにならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

   私は、お父さんやお母さんが
「この医者なら信頼できると感じる。」あるいは
   「この医者とはなんとなくウマが合う。」と思うお医者さんにしばらく(半年以上)
   まかせてみるということをおすすめしたいと思います。

   その場合には「アレルギーを専門にしている。」とか「設備が整った病院である。」
   とかいったことはあまり関係がなく、要は親御さんとお医者さんの信頼関係が
   うまくゆくかどうかだけが問題です。

                              


[小児科か皮膚科か?]

   小児のアトピー性皮膚炎では小児科か皮膚科かどちらで診療してもらうのが
   良いのでしょうか?

   同じアトピー性皮膚炎を診るのだから本来小児科であろうが皮膚科であろうが
   診療内容に違いがあってはいけないんですが、かつての医学界の閉鎖性の
   名残り(各診療科間の横のつながりがない。)からか小児科と皮膚科では
   アトピー性皮膚炎に対する診療の姿勢が若干異なるように思われます。

   どちらかというと小児科医は「アトピー性皮膚炎」の「アトピー」の部分、皮膚科医
   は「皮膚炎」の部分に重きを置いているように思われます。

   しかし、最近ではしばしば合同の学会や研究会、講演会が開かれて昔ほどの
   違いはなくなってきたと思います。

   それでは、どちらに診てもらうのがいいの?

   私の答えは、前項の「ドクターショッピングにならないために」の部分で書いた
   「信頼できる医者」「ウマの合う医者」ならどちらでも良いということです。

   アトピー性皮膚炎に対する考え方は医者の間でも多様で、小児科の先生にも
   いろんな方がいらっしゃいますし、皮膚科の先生にもいろんな方がおいでます。

                              


[アトピービジネスにご注意!]

   アトピービジネスという言葉をご存知でしょうか?

   私の出身大学である金沢大学の皮膚科教授の竹原和彦先生が提唱なさった
   言葉らしいのですが、要は
アトピー性皮膚炎の患者さんを対象とした民間療法
   と言う名を借りた悪徳商売ということなのです。


   良くなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性に経過するアトピー性皮膚炎の
   子どもの親御さんにとって「私は○○でアトピー性皮膚炎を克服した。」とか
   「○○は天然素材だから安心。」とか言われるとすぐに飛びつきたくなるのも
   わかります。 わかりますが、
その前に先ほどから何度も述べた「信頼できる
   医者」「ウマの合う医者」に必ず相談してください。
 それからでも遅くないはず。

   もう一度言わせてください。 患者さんを実際に一度も診もしないでアトピー性
   皮膚炎の治療は絶対に出来ませんし、また、してはいけないと思います。

                             


[治療の三本柱]

   厚生省や皮膚科学会から出されているアトピー性皮膚炎治療ガイドラインには
   次の3つの基本的な治療方法が示されています。

    1)原因・悪化因子の検索とその対策
    2)スキンケア
    3)薬物療法

   当院でもやはり上の三本柱を治療の基本としていますが、個々の患者さんで
   少しづつ違うのはいうまでもありません。

   では、それぞれの治療方法について当院の姿勢をお話します。

    1)原因・悪化因子の検索とその対策

      アトピー性皮膚炎の原因となるとほとんどがアトピー素因(アレルギーの
      体質)ということになって、これは持って生まれた人の顔と同じで治しようが
      ない。年令とともに少しづつ変わっていくことはあるでしょうが。

      悪化因子というのは、例えば、汗の刺激や細菌感染そして家のダニあるいは
      日光といった外的因子(環境因子)→これには皮膚や家の中を清潔にする
      といった対策。
      大人のアトピー性皮膚炎ではかなり問題となるストレスなどの内的悪化因子。
      →これにはカウンセリングなどによるストレスの除去といった対策。

      乳幼児のアトピー性皮膚炎でもっとも問題となるのが食物アレルギーとの
      関係ではないでしょうか。

      このアトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係についてはかなり難しい
      問題をいくつも含んでいて一筋縄ではいきません。
      例えば、「とりあえず卵は食べさせないように。」などとすぐ言うのは多くの
      場合間違いだと思うけれど、かといって「ドンドン卵を食べさせて。」とも
      言えない場合だってあります。
      また、血液検査で卵が陽性に出たからといってすぐに卵を除去しなければ
      ならないということもありません。

      
当院では個々に応じて食物を止めてみてどうか?やってみてどうか?と
      いう試験を場合によっては行いつつ出来るだけ慎重に食物アレルギーと
      アトピー性皮膚炎との因果関係を見定めたいと思っています。
      乳幼児の成長・発達に欠かせない栄養という問題もあるので安易な食物
      除去だけはしたくありません。


      また、もし食物除去が必要となったら、いつまで・どんな程度の除去なのか、
      その間どういったスケジュールで経過をみるかといったようなきめ細かい
      指導が必要だと思います。

    2)スキンケア

      アトピー性皮膚炎という病気がアレルギー反応だけでは説明がつかないことが
      最近段々わかってきました。
      その中の一つに
「アトピー性皮膚炎の人は皮膚の”バリアー機能”が低下し
      ている。」
というのがあります。

      この”皮膚のバリアー機能”というのは、皮膚の表面の細胞がガッチリと
      スクラムを組んでいろいろな外的刺激から皮膚を守ったり、皮膚の中の
      水分を保ちうるおいのある皮膚にするといった機能です。

      さらに、最近わかってきたことはこのバリアー機能にとって重要な成分は
      細胞と細胞の間にある脂成分である「セラミド」というものらしいのです。
      つまり、この「セラミド」が減るとバリアー機能が低下するらしいのです。

      当院では以前からアトピー性皮膚炎の中でもいわゆる「さめ肌」や「乾燥
      肌」といった部分には風呂上りのまだしっとりしている時にワセリンなどの
      保湿剤を塗るように指導してきました。

      しかし、ワセリンがかなりべとつくこともあり、また最近上記の「セラミド」入り
      の保湿剤が発売されるようになったのでそちらをお勧めしています。
      ただし、この「セラミド」入りの保湿剤はまだ化粧品の扱いで残念ながら
      医薬品として保険適応にはなっていないのでお近くの薬局で買っていただく
      ことになります。

    3)薬物療法

      この薬物療法という項目のほとんどの部分は副腎皮質ステロイドホルモン
      について言っているのだと思います。
      近頃アトピー性皮膚炎における”ステロイド”の副作用問題がマスコミ
      などで大きく取り上げられ一種の社会現象になっているのはご存知かと
      思います。

      
私は、アトピー性皮膚炎に対して必要であればステロイドホルモン外用薬は
      使用するという姿勢をとっています。


      
ただし、使用する場合は、
        @ずるずると長期に塗りつづけないで出来るだけ短期に切り上げる。
        A赤みやかゆみの強いところに限り、広範囲に及ばない。
        Bホルモン剤の強さは弱〜中等度までにとどめたい。
        C必ず定期的に経過をみせてもらう。
      といったことを考えながら使用するようにしています。


      この問題もまた非常に微妙で難しい問題です。私のような姿勢が概ね今の
      スタンダードではないかなと思っていますが、今後このスタンダードが
      変わっていく可能性は十分にあると思います。
      それに伴って私の姿勢も変わっていくこともありえます。

                                   

      [せき(咳)

せきに対する姿勢は熱に対するそれとよく似ています。

つまり、せきは病気の症状であって病気そのものではないということを
よく理解しなければなりません。
私たちがやっつけなければならないのはせきではなくて、せきを引き起こしている
”病気”なのです。

それをやっきになって、せきを押さえつけようとするのは本末転倒、部屋のゴミを
片付けもしないでブルーシートを被せるが如しです。

せきはのどや気管・気管支のほこりやタン、さらにウィルスや細菌をゴホンゴホンと
身体の外へはき出す掃除をしていると考えてください。
そうすると自ずとほこりやタンを発生させないようにすることが治療なのであって
せきを抑えることが治療ではないことがおわかりいただけると思います。

せきを抑える薬は一般に「せき止め」「鎮咳剤」と呼ばれますが、こうした薬は
従って基本的原則的には使いたくありません。


ただし、鎮咳剤を使ってせきそのものを抑えたほうがいいかなと思う場合が
あります。
それは、例えばせきがまくれあがるように出て授業がしっかり受けられないとか、
夜せきで眠られず辛がるといったようなときです。

夜みんなが寝静まったときに咳き込みが始まるととても辛そうですし、本人ばかりで
なくお父さんやお母さんまでもが体力を消耗してしまいます。
こうしたひどいせきの場合は、稀ですが、鎮咳剤を投与するようにしています。
ちょうど発熱に対する解熱剤の使用法とよく似ていますね。
しかし、繰り返しますがそれは決して病気を治しているわけではありません。

例えば、「マイコプラズマ肺炎」という病気の場合です。
これは細菌とウィルスの中間くらいの大きさのマイコプラズマという病原体に
よって起きる小児ではもっとも多い肺炎ですが高熱と長く続くひどいせきが
特徴です。
この場合もマイコプラズマをやっつける抗生物質はしっかり服薬していただきますが
鎮咳剤はふつうは投与しません。

ここまでの話はヒューヒュー・ゼーゼーを伴わない話でして、ヒューヒュー・
ゼーゼーという荒い呼吸をする場合は話はまた別ですので項を改めますね。

                             

         [ぎょう虫とプール]

学校や幼稚園でのぎょう虫卵検査で陽性となった場合、プールはどうしたらよいかという
質問をときどき受けます。
このことに関しては小児科医の間でもまだはっきりとした見解が出てないと思います。
私としては結論から言えば「プールはOK! ただし、タオルは共用しない。」という
姿勢をとります。
これは実は日本寄生虫学会のほうへ質問して回答いただいたものです。

理由がいくつかあります。
 1」 2日間だけお尻ペッタンの検査では感度が低く、7日間法に比べ1/2以下の
   陽性率である。(残りの1/2以上はぎょう虫がいても検査は陰性となって
   プールに入っている。)
 2」 プールの水を介して感染するとは考えにくい。
 3」 プールより教室内で衣服や身体に触ることにより感染する危険のほうが
   よほど高いのでプールだけ制限しても意味がない。
 4」 入水前にお尻を洗うことはあまり現実的でなく、また午後のプールではお尻には
   虫卵はほとんどいなくなっていると思われ、仮に虫卵がいたとしても水洗いで
   それがすべて除去できるかどうかは疑問。
 5」 何より児童生徒はプールを楽しみにしておりプールでの感染の証拠もないのに
   むやみに制限するべきではない。

これは「水いぼとプール」とほぼ同じような考えですね。

                             

     [インフルエンザの診断と治療・2001〜2002シーズンにおける]

[診断小児においてインフルエンザの診断は最近2〜3年で大きく様変わりしてきました。
  それまでは冬場に急な高熱が出て、ぐったりとし、ときに関節痛や筋肉痛を認めるものを
  専門的には”インフルエンザ様疾患”というふうに呼んでいました。つまり、本当にインフルエンザの
  ウイルスによる風邪なのかどうかはわかっていなかったのです。
  ウイルスは目では見えないのでインフルエンザのウイルスかどうかを確かめる方法は
  ウイルスを分離培養する方法や血液の抗体価の上昇度を見る方法しかありませんでした。
  しかし、これらの方法は大変時間や手間がかかる方法なので多くの患者さんに一般的に行う
  検査方法ではありませんでした。
  ところが、2〜3年前からインフルエンザウイルスを見つける迅速試験なるものが開発され、一般の
  小児科外来でも広く用いられるようになりました。
  これは、少しの鼻水を用いて検査するので子どもにも負担がかからず、また15分くらいでインフル
  エンザかどうかの結果が出てしまいます。

  しかし、この迅速試験にも問題点はあります。それは、まずコストがかかること、そして、この検査には
  少なからず偽陽性や偽陰性が見られるようだということです。

 
 当院の姿勢として、迅速試験は流行の始まりの時期にこれがインフルエンザかどうかを判断したい
  場合やあまり典型的でない症状のときに本当にインフルエンザかどうか判断したい場合などに用いようと
  思っています。
  家族やクラスメートがはっきりインフルエンザとわかっていて、本人も典型的な症状の場合などは検査せずに
  臨床症状だけから判断しようと思います。

[治療]治療についても最近2〜3年で大きく変わりました。
  抗インフルエンザウイルス薬の登場です。
  2〜3年前からA型インフルエンザウイルスにのみ効くアマンタジン(商品名・シンメトレル)という薬が
  使われだしました。これは日本でも小児にも使えることになり2000〜2001年シーズンには当院でも
  数十例に使用しました。
  でも、このアマンタジンという薬はかなり使いづらい薬なのです。
  まず、A型にしか効かない(B型インフルエンザには全く効果がない)、インフルエンザ脳症と紛らわしい
  中枢神経系の副作用がある、耐性ウイルスを作りやすいといったことによります。
  
 
 当院の姿勢として今季からこのアマンタジンという薬はほとんど使いません。

  代わりにオセルタミビル(商品名・タミフル)という抗インフルエンザウイルス剤が開発されました。
  この薬は上に書いたアマンタジンのマイナス面がほとんどありません。AB両方の型に効果があり、
  中枢神経系の副作用もあまり報告されておらず、ほとんど耐性ウイルスを作らないとされています。

  このように、このオセルタミビルという薬は非常に優れた使いやすい薬なのですが、残念なことに
  日本ではまだ大人用のカプセルしか発売されていないのです。子どもには今季は体重37.5Kg以上の
  子にしか使用できないことになりました。
  ただ、アメリカではすでにドライシロップ剤も発売され、アメリカ食品医薬品局では1才以上の子には
  使っても大丈夫との許可が出ているのです。

 
 当院の姿勢として発病後48時間以内で高熱でつらそうなインフルエンザには1才以上ならこの
  オセルタミビルを保護者の方の同意の上で投与しています。

  
  実際に使ってみて非常に有効な薬だと思います。インフルエンザというものは自然治癒する病気であるし
  薬を投与しても熱のある期間が1日か1日半短くなるだけだという否定的な意見もありますが、なかなか。 
  投与の翌日にはほとんどの例で熱が下がってきています。効果は劇的だと感じています。
  当院ではそれほど薬を使うほうではないのですが、この薬だけは使わせてください。
  来シーズンには日本でもドライシロップ剤も許可され1才以上の子にも使われることになるでしょう。

  ただし、このオセルタミビルでインフルエンザ脳症が予防できるか、あるいは治療できるかということに
  ついては今のところわかっていません。